father's son ホーム »SUZUKI SWIFT(ZC72S)
カテゴリー「SUZUKI SWIFT(ZC72S)」の記事一覧

お知らせ掲示板

WANTED!!
★WAKU(CW特記)全Wkdまであと3
  WANTED
  #010104 札幌市白石区
  #220105 京都市東山区
  #250109 大阪市天王寺区
★JCC800(CW特記)Wkdまであと20
★WACA(CW特記)全Wkdまであと34
★WAGA(CW特記)全Wkdまであと21
★道の駅アワード(CW特記)現在420Wkd/385Cfm
WARC1000(CW特記)アワード受領しました!!
移動運用実績
20170311 JCG#03004A岩手県下閉伊郡大槌町
20170715 JCG#12011A千葉県長生郡一ノ宮町
20170806 JCG#03001A岩手県胆沢郡金ヶ崎町(FD TEST)
20170826 JCC#0303岩手県宮古市(8J7MMF/7)
20170927 JCG#03001A岩手県胆沢郡金ヶ崎町(8J7HAM/7)
20171108 JCG#03009A岩手県西磐井郡平泉町 道の駅ひらいずみ(RS03-32)
20180317 JCG#12011A千葉県長生郡一ノ宮町(8J7MMF/1)
20180324 JCC#0303岩手県宮古市 道の駅たろう(RS03-08:8J7MMF/7)
コンテスト参加
20170408 2017 JAPAN INTERNATIONAL DX
20170416 第66回オール東北コンテスト→管内局シングルオペ3.5MHz5位
20170806 第60回フィールドデーコンテスト→電信部門シングルオペオールバンドモーニング全国10位
20171008 第38回全市全郡コンテスト
20171014 第32回オール千葉コンテスト→県外局電信部門マルチバンド8位
20180107 2018オール熊本コンテスト→県外局電信部門個人局14MHz2位
20180214 第1回JARL岩手県支部 いわて雪まつりコンテスト→県内局シングルオペ7MHz7位
20180225 第26回広島WASコンテスト
QSLカード発送
2018年03月11日~2018年03月18日までのカードは2018/03/29にJARLビューローへ送付いたしました。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

モービルの工作【光るエンブレム】  

溜まった楽天ポイントで、以前からほしかったプロクソンのミニルータを購入。
今まで使っていた安物が壊れてしまったのですが、やはりモノが違います。
0228-01.jpg
で、さしあたってなんか作ってみようと思って、モービルのフロントエンブレムを
光らせてみようということになり工作してみました。

まずは、既存のエンブレムをはずし、型取りをして、3mm厚のアクリル板で
発光部を加工します。下がベース部分、上が実際に発光する板です。
0228-02.jpg
LEDの光を拡散させるために、エッジにはルーターでギザギザを入れておきます。
0228-03.jpg
使用するLEDは3mm青色の砲弾型。これを3回路×3セットで
9発としました。頭もルーターでカットします。
0228-04.jpg
エンブレムの裏の補強をカット。この中にLEDを仕込むスペースを確保。
0228-05.jpg
回路はごく普通。抵抗は14.4Vで計算し220Ωとしました。
0228-06.jpg
0228-07.jpg
ここで、13.8Vをつないで点灯確認。きちんと光が拡散しているっぽいです。
0228-08.jpg
エンブレムを両面テープで取り付けます。今回の両面テープは
建築用のキッチンパネル貼り付け用のものを使いました。
0228-09.jpg
いきなりですが、モービルに取り付け点灯確認。
きれいに発光しています。
0228-10.jpg
0228-11.jpg
0228-12.jpg

自分のモービルは、端子盤とリレーを使ってイルミがONになると常時12Vに切り替わるようにしてあります。
必要に応じて入り切り出来るよう、車内のコンソールにトグルスイッチも設けました。

以上、小学生でも出来そうな工作ですが
ルーターの試運転にはお手軽な工作でした。





スポンサーサイト

category: SUZUKI SWIFT(ZC72S)

tb: 0   cm: 0

電圧計を取付ける  

モービルのバッテリーを新車購入から6年目にして交換。
ICOMの無線機は電圧効果に弱く、エンジンを掛けたまま運用することも多く
かなりの負担を掛けていたかもしれません。

セカンドブログやってます。キャンピングカー自作記です。こちらもご贔屓に(^_^)

というわけで、今回電圧計を取り付けて常時バッテリーを監視することとして
取り付けをしてみました。

アマゾンで購入した中華製の電圧計。なんと178円です。テスターとの表示比較をしましたが
ほぼ同じ。これはお買い得です。
01.jpg

02.jpg

思いの外配線が細く脆そうなので事前にホットボンドで補強を行いました。
03.jpg

で、取り付け位置を決め、予めマスキングテープの上に下線を描いて下孔ドリルで穴を連続して開けていきカットします。
04.jpg

05.jpg

あとはカッターナイフで微調整して取付位置を確定します。
06.jpg

バッテリーからの測定線を配線。プラスとマイナスを引き出します。
07.jpg

この電圧計は3線式で、測定線の他に表示LEDの電源用の線があります。
これをバッテリーからの+線と共用してしまうと常時電圧計が表示状態になるので
今回はACC電源からの供給とします。
私の愛車は、端子盤で各電源を1箇所に纏めているので、分岐ではなく分かりやすくACC電源が確保できます。
08.jpg

これを電圧計につないで、スリーブと収縮チューブで処理
09.jpg

インストール完了です。
10.jpg

早速通電してみます。まずはACC通電状態。バッテリーも新しいからですが規定どおりです。
11.jpg

エンジンを始動してみます。こちらも正常。エアコンをONすると一瞬降圧しますが
すぐに戻ります。オルタネーターの動作も正常のようです。
12.jpg

今回は電線代も含め、300円ちょっとでできちゃいました。







category: SUZUKI SWIFT(ZC72S)

tb: 0   cm: 0

モービルシャック再構築4  

移動運用などでラゲッジシェルフにリグをセッティングすることを前提とした
木製ラゲッジシェルフの製作記をみんカラにアップしました。

よろしければご覧になってください。

木製ラゲッジシェルフの製作その3
木製ラゲッジシェルフの製作その4
木製ラゲッジシェルフの製作その5

category: SUZUKI SWIFT(ZC72S)

tb: 0   cm: 0

モービルシャック再構築3  

いろいろ忙しく
Hamlogを見ると、3/22以降お空に出ていないのであります。ALL JAもオール東北も今回は不参加。

でも初夏の移動運用に備え、モービルシャックは少しずつ進化しておりまする。

で、今回車関係のSNS【みんカラ】に参加することにしまして
モービルシャックの整備手帳をシコシコとアップしております。
今回からそちらへのリンクでこちらに書き込もうと思います。

あ、【みんカラ】のIDは
tonyfhyです。

今日、整備手帳を3件アップしました。
電源集中盤設置
木製ラゲッジシェルフの製作その2

あそびにきてねーー

category: SUZUKI SWIFT(ZC72S)

tb: 0   cm: 0

自作ルーフキャリア  

以前乗っていた車に合わせて作っていた自作のルーフキャリア
着る間の乗り換えでそのままになっていましたが
お盆の旅行の為に少しリメークさせて載せてみました。



材料は2×4材と集成材。
塗装は屋外木部塗料のキシラデコール4回塗りです。
重量が少しありますが、きちっと安定しています。

image2.jpg

正面の部分にはコールサインの電飾でも入れようかと
欠き込んであります。

category: SUZUKI SWIFT(ZC72S)

tb: 0   cm: 0

カレンダー

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。