father's son ホーム »【HAM】自作・工作
カテゴリー「【HAM】自作・工作」の記事一覧

お知らせ掲示板

WANTED!!
★WAKU(CW特記)全Wkdまであと3
  WANTED
  #010104 札幌市白石区
  #220105 京都市東山区
  #250109 大阪市天王寺区
★JCC800(CW特記)Wkdまであと25
★WACA(CW特記)全Wkdまであと39
★WAGA(CW特記)全Wkdまであと23
★道の駅アワード(CW特記)現在410Wkd/372Cfm
WARC1000(CW特記)アワード受領しました!!
移動運用実績
20170311 JCG#03004A岩手県下閉伊郡大槌町
20170715 JCG#12011A千葉県長生郡一ノ宮町
20170806 JCG#03001A岩手県胆沢郡金ヶ崎町(FD TEST)
20170826 JCC#0303岩手県宮古市(8J7MMF/7)
20170927 JCG#03001A岩手県胆沢郡金ヶ崎町(8J7HAM/7)
20171108 JCG#03009A岩手県西磐井郡平泉町 道の駅ひらいずみ(RS03-32)
コンテスト参加
20170226 第25回広島WASコンテスト
20170408 2017 JAPAN INTERNATIONAL DX
20170416 第66回オール東北コンテスト→管内局シングルオペ3.5MHz5位
20170806 第60回フィールドデーコンテスト→電信部門シングルオペオールバンドモーニング全国10位
20171008 第38回全市全郡コンテスト
20171014 第32回オール千葉コンテスト→県外局電信部門マルチバンド8位
20180107 2018オール熊本コンテスト
20180214 第1回JARL岩手県支部 いわて雪まつりコンテスト
QSLカード発送
2017年11月13日~2018年01月31日までのカードは2018/02/07にJARLビューローへ発送いたしました。

通信用外部スピーカーを自作する まとめ  

純正SPの性能はどうあれ、1万円以上も出せない事情で自作してみました。
実際にシャックにセッティングしてみた様子です。
speaker-24.jpg

実際見かけは純正と遜色なく快適に動作していますが、アンプが必要かといえば
必ずしもそうではなかったかと思います。
24MHzに少しアンプIは発生しましたが、入力ラインにパッチん咬ませたらだいぶ解消しています。
まずは正面から音が出て本体上部のSPより明瞭に聞こえる安心さで今回の自作は成功といたしましょう。

総費用:
本体筐体:\0
パネル操作部:\0(建具用引手金物の手持ち品利用)
SPカバー:\0(廃品コンポSP利用)
SP本体:\0(廃品コンポSP利用)
アンプキット:\300
プッシュSW:\30
小型ボリューム500Ω:\40
3.5mmステレオミニプラグ:¥120×2=¥240
ボリュームツマミ:\0(手持ち品)
2.1インチ標準DCプラグ:¥60
神やすり・接着剤等副資材:\0(手持ち品)
下吹き用アクリルスプレー(艶あり黒):\0(手持ち品)
仕上げ用ラッカースプレー(艶なし黒):¥650
背面パネル鉄板:\0(手持ち品)
合計金額
\1,320(税抜き)
でした。

こんな低俗な自作でも、自己満足でそこそこ見栄えのいいものが作れて
良い工作でした。
スポンサーサイト

category: 【HAM】自作・工作

tb: 0   cm: 0

通信用外部スピーカーを自作する その3  

昨日は1日かけて3バンドダイポールを製作し、何とかあげました。
今日は打って変わっての天候で雨風がすごいです。昨日上げてよかったです。
これから調整ですが、後程記事にします。

で、使わなくなったコンポのSPから取り外したこれを再利用。
speaker-14.jpg

短くしてアクリル板用接着剤で接着します。
隙間は穴埋めパテを入れてペーパーをかけ、プラサフ(ミッチャクロン)を下吹きして
塗装しました。
speaker-15.jpg

裏板は廃品利用の鉄板を使い、DC入力端子とSP入力端子を取り付けた後
吸音処理します。
speaker-16.jpg

ケースは、仕上げに入ります。
ラッカースプレーの黒(艶なし)を2回吹き。#1000のペーパーで水研ぎしながら
仕上げました。いい感じになっています。
speaker-18.jpg

SPを取り付け
speaker-20.jpg

引手利用の操作パネルをつけて
speaker-21.jpg

完成です!
動作確認をして、製作延べ日数5日の自作外部スピーカーが出来上がりました。
シャックへのセッティングと総費用等のまとめは次回。
speaker-23.jpg






category: 【HAM】自作・工作

tb: 0   cm: 0

通信用外部スピーカーを自作する その2  

連休前半も終了し、お空は朝から移動局でいっぱいのようです。
愛機IC-7000は再入院中。とてもGWには間に合いません(泣)

今回自作のSPにアンプを内蔵することとにして、東京に出張した折、秋月電子通商にてアンプキット
その他必要部品を購入してきました。画像中のACアダプターは手持ち品です。(9V)
speaker-08.jpg

組み立ては簡単です。付属のオンボード可変抵抗は使用せず500Ωのボリューム可変抵抗を使用し
SW、OUT端子、LEDを追加しました。
speaker-10.jpg

操作パネルは、こちらを使用。建具用の引手を利用。こちらも手持ち品です。
speaker-09.jpg

ご本尊のSPです。眠っていたコンポ(Victor)のスピーカーボックスから取り出しました。
speaker-11.jpg

ボックスはまず、アクリルスプレーで2回ほど下吹きをします。1回ごとに#1000の耐水ペーパーで
水研ぎし塗膜を調整します。この時点では一般の艶ありで吹きました。
当初予定していたスピーカーが3Ωでアンプキットに合わなかったので
急遽穴を開けなおしています。
speaker-17.jpg

以下次回にに続きます。




category: 【HAM】自作・工作

tb: 0   cm: 0

通信用外部スピーカーを自作する その1  

固定用にIC-7600を新調して1か月半が経過しました。
QROの恩恵は勿論あって、以前よりパイルからとってもらえる機会は格段に増えました。
それにも増して、固定機の受信性能の良さには、今までが何だったんだという位ストレスが溜まりません。
特に雑音や混信をバッサリカットしてくれるNRやAPFは本当に素晴らしい。ウォーターフォールも、使い慣れるとバンド全体の様子が把握できるのでとても重宝しています。
買ってよかった。。。

オプションのスタンドマイクと外部スピーカーはまだなく、
ヤフオクとかをしばらくワッチしていたんですが、スピーカーはUSEDでもSP-23なんかは1万円近くします。
SPの中古にそんだけ出すんならパドルの一つもほしいし、どうしたもんか悩んでいた時に
LANケーブル類を収納していた箱が目に留まりました。



speaker-02.jpg

元々陶器が入っていたもので、桐の箱です。
桐は加工もしやすいし、これで外部スピーカー作ってみようかってことで、なるべく手持ちのジャンクを使って
安価に製作することとしました。まずはバッサリ蓋ごとカット

speaker-03.jpg

薄べニアで内部を補強して蓋部分を木工用ボンドで接着しちゃいます。

speaker-04.jpg

speaker-05.jpg

次の週の休みまで放置し、ペーパーヤスリ#80で研磨した後木工用パテで凹を埋め→#180→#240と
番手を細かくしながら下地を作っていきます。

speaker-06.jpg

category: 【HAM】自作・工作

tb: 0   cm: 0

モービルシャック再構築2  

謹賀新年
各局、本年もどーぞチープな無線局JF7FHYをよろしくお願いいたします。

というわけで、愛車へAC10Vを引き込む計画の続編です。

ヨット用のパーツを入手し、バンパーにコネクタを取り付けてみました。

20141231 105519

試運転
20141231 105546
とりあえず通電確認。電源は窓を開けての引き込みなく、スマートになりました。

次回以降はアンテナの同軸を同様に引き込めるようにしたいと思います。

category: 【HAM】自作・工作

tb: 0   cm: 0

カレンダー

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop